耳鳴り 原因

耳鳴りの原因をわかりやすく解説〜改善法の提案まで

耳鳴りにはいろいろな種類がありますが、種類によってその原因も異なります。

 

そこでこのページでは、種類ごとに原因を解説しています。

 

生理的な耳鳴りの原因

健康な人でも、とても静かな場所に行った時に「シーーーン」という感じの音が聞こえることがあります。

 

これは異常ではなく、生理的な原因によりますので心配する必要はありません。

 

病的な耳鳴りの原因

この場合は、三半規管の異常や神経系の異常など、目に見えない部分も含め、様々な要素が関係しています。

 

身体的な原因としては、内耳や内耳管に炎症や水ぶくれができてたり、神経が損傷を受けていたりする場合があります。

 

また、不安やストレスにより、検査などをしても身体的な異常は見つからないにもかかわらず、耳鳴りが生じることもあります。長時間大音量で音楽を聞いたりしたことが原因で、脳の保護回路のようなものが働き、それが原因で耳鳴りになる事もありますが、これも長期間治らない場合は治療が必要です。

 

病院では薬での治療が主になりますが、症状を緩和するにとどまる場合がほとんどです。
 
根治したい場合は、自律神経の改善や、リンパ・血液の流れを改善することで根本的な原因を取り除き、治療する方法になりますので、主に民間療法に頼ることになります。効果のある体系的な治療法を見つけてください。

 

他覚的な耳鳴りの原因

耳やその周辺の筋肉・血管などの異常により、自分はもちろん、他人にも聞こえる耳鳴りが生じている場合はこのケースです。「ドクッ、ドクッ」と血液の流れにあわせて聞こえたり、特定の体の動きにあわせて聞こえたりします。

 

病的な耳鳴りより、身体的な理由がはっきりしますので不安感は少ないかもしれませんが、腎臓などの臓器が理由になっている場合もありますのでやはり適切に治療することが薦められます。

 

この場合もやはり、自律神経の改善、新陳代謝の促進などで改善を見込めます。耳の周辺を温めたり、お茶やジュースではなく、綺麗な水を沢山飲むのも効果的です。