耳鳴り たばこ

タバコが耳鳴りの原因になる理由

意外と知られていないのが、タバコの害です。

 

スモーカーの方の中には、耳鳴りや目眩のストレス解消と称して一服される方も居らっしゃいますが、実はこれがかなり悪影響になっています。

 

おおまかに、身体的な理由と、心理的な理由があります。

 

内耳や脳幹など、耳鳴りの原因になる器官に与える影響

 

まずあげられるのが、ニコチンの害です。ニコチンは血管を収縮させる働きがありますので、脳幹や内耳などの特に細い血管への血液の流れが阻害されます。もともとリンパや血液の流れが悪いことで耳鳴りは起きますので、悪化につながります。

 

同様に、一酸化炭素も、血液中に取り込める酸素の量を減らす働きがありますので、同じ理由で耳鳴りを悪化させる原因となってしまいます。

 

他にも様々な理由がありますが、身体的に、耳鳴りや目眩に悪い影響があるのは明白です。

 

ストレスレベルを知らず知らずに上げてしまう

 

もう一つの理由はストレス。

 

「タバコはストレス解消になる」と感じている方も多いですが、実は正反対なのです。タバコは大きなストレスの原因です。

 

というのも、喫煙者の方は、タバコを吸い終わり、血中のニコチン濃度が下がり始めた時からゆるやかに禁断症状を感じ始めているのです。これが、イライラを引き起こしています。タバコを吸った瞬間ストレス解消されているように感じますが、それは実は煙草によって引き起こされている禁断症状によるストレスを、煙草によって一時的に抑えているだけなのです。

 

一番いいストレス解消法は、長期的な禁煙です。

 

と言っても、禁煙は簡単ではないというのが一般的な意見です。どうしてもやめられない方も居らっしゃいます。

 

そんな方におすすめしたいのは、東洋医学による耳鳴り・目眩の改善法です。当サイトでも、数多くの改善法を調査・研究していますが、おすすめできる方法をまとめていますので参考にしてください。

 

いずれにしろ、禁煙はあなたの将来の健康のためにも大変おすすめです。出来れば頑張ってみられてはいかがでしょうか?

 

貴方様の健康を心よりお祈りしています。